Paper-Chase's Prayer

コンサル&外資系金融での実務経験をもとにビジネス・仕事術系の雑感を書いていきます。

研究会・勉強会の企画担当の方へ。無料(交通費のみ)で講演に伺います。

当ブログでは、私が講師をさせていただいている中小企業診断士の理論政策更新研修を何度か紹介してきました。今後、さらなるプロモーションの一環として、タイトル↑のようなサービスを始めることにしました。

paperchase.hatenablog.com

時間帯や回数は限られますが(平日夜または土日、最大で月2回程度)、ご希望の団体様がいましたら交通費のみで講演に伺います(当方、都内在住です)。

その場で理論研修の紹介を3分ほどさせていただきますが、それを必ず受講しなければならないといった条件はまったくありません。草の根活動を通して多くの方に我々の存在を知っていただくこと、そして関心を持っていただくことまでがゴールです。

以下に、現在提供可能なメニューを掲載します。研究会・勉強会などを運営されており、毎回の企画立案・題材探しをされている方はぜひ一度お気軽にご相談ください。なお、このプロモーションは半年程度(2019年6月ごろ)の期間限定をさせていただきます。

ご依頼・ご質問は pepache1031(アットマーク)gmail.com までお願いいたします。

-----------
■講師プロフィール:

高校卒業後、音楽教師を目指し音楽大学に入学するも才能の無さを実感し2年で中退。その後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。卒業後は外資コンサルティング会社であるプライスウォーターハウスクーパースに入社。以後、自動車メーカー、総合商社、都市銀行、保険会社など各業界の大手企業における戦略策定や業務改善、システム導入などのコンサルティング業務に約15年間従事。

現在は、外資系金融機関において業務改善、教育、システム開発などのプロジェクトマネジメントに携わっている。中小企業診断士としては、これまで小売店や理髪店、飲食店などのコンサルティングや人材育成に従事。仕事のノウハウを分かりやすく伝える技術には定評があり、昨年出版の書籍「会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン」は累計2万3千部を発行している。

著書
誰でも使えて成果が出る 外資系コンサルタントの仕事術」(明日香出版社)
会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン」(すばる舎
中小企業診断士2次試験 受験生最後の日3つのドキュメント」(共著・同友館)
中小企業診断士試験攻略ガイド 待ってろ、診断士! 」(共著・同友館)

f:id:paperchase:20170623220010j:plain f:id:paperchase:20170623220039j:plain


■研修テーマ一覧:

①「ロジカルシンキング入門」(90分)

外資コンサルティング会社勤務時に培った論理思考スキルを、分かりやすく研修に落とし込みました。ロジカルシンキングとはなにか、なぜ必要か、仮説検証とは? といった基本を解説します。

f:id:paperchase:20181103225711j:plain

②「MS-Officeショートカットキーで作業を倍速化しよう」(75分)

Excelを中心に、PowerPointOutlookのショートカットキーを紹介。演習を通して身につけます。とある大手企業において好評を博し、複数の支社にて15回のリピート受注を頂いています。(受講者の際にはExcelがインストールされたPCが必要となります)

f:id:paperchase:20181103225737j:plain

③「人狼で学ぶロジカルコミュニケーション」(150分)

理論研修において提供しているコンテンツの短縮版です。論理思考やファシリテーションが求められる「人狼」ゲームを用いて、それらのスキルを学びます。非常に盛り上がるため、アイスブレイクやチームビルディングとしても強力なツールです。

f:id:paperchase:20181103225802j:plain

④「プレゼンテーションを成功に導く10個の鉄則」(60分)

プレゼンスキルを学ぶセミナー・研修は、講師自身が模範となるプレゼンを見せなければならないため、講師としては避けたいコンテンツの1つです(笑)。そこをがんばって形にしました。「プレゼンスキルを教えるプレゼン」をお楽しみください。

f:id:paperchase:20181103225825j:plain

⑤「ファシリテーション入門」(90分)

コンサルティング会社にて教えられている、時間内に結論にたどり着くための会議準備・運営のノウハウをお伝えします。

f:id:paperchase:20181103225842j:plain

⑥「デザイン思考入門」(90分)

近年注目が高まっている「デザイン思考」の概要、実施のステップ、事例等を解説します。

f:id:paperchase:20181103225913j:plain

⑦「TOEIC 900点Overに向けた英語学習術」(60分)

英語を仕事で使えるビジネスパーソンになるにはどう勉強をしていけばよいのか、自分の体験談(TOEIC 955点&仕事でアメリカ人の役員に英語でプレゼン経験あり)を共有し、皆さんとディスカッションします。(英語の学習そのものは行いません)

 

⑧「診断士のための教養講座~クラシック音楽ファンの社長と語れるようになる方法~」(90分)

近年「リベラルアーツ」(≒教養)の重要性が論じられています。そこで私がかつて音大生として勉強していたクラシック音楽の基本を提供し、クラシックファンのクライアントと最低限の会話ができるようになる知識と、音楽の勉強が自分の仕事にどう活きているのかの体験談を話し、リベラルアーツの必要性について考えます。

 

⑨「研修・セミナーの設計手法」(60分)

ここまでに挙げてきたようなセミナー・研修コンテンツを設計・開発していく際の考え方を解説します。演習(実際に企画や教材を考えていただく)も予定しています。

 

以上、ご検討いただければ幸いです。

内向型診断士と外向型診断士がコラボするとよい仕事が生まれるのかもしれない

先日、名古屋で開催されたセミナーに登壇させていただきました。その内容から、少し話をしてみたいと思います。

テーマは「内向型人間」について。

外資コンサルティング会社出身で、本を出して…という私のプロフィールを見た方の多くは「ものすごくアクティブで社交的でバリバリ働いてる人」みたいなイメージを持たれます。

しかし実際には、自分は非常に内向的な人間です。人と話すこと自体は嫌いではありませんが、自分からグイグイ積極的に話しかけて仲良くなったり…とかができません。気のしれた仲間との飲み会は好きですが、初対面の人が多いパーティなどは苦手です。

診断士関係の友人の多くも、自分が書いていたブログにコメントをくれたとか、研究会のメンバーとして知り合ったとか、人からの紹介とか、そういうきっかけがほとんどです。

f:id:paperchase:20181030193812p:plain

内向型人間の時代」という書籍に、内向・外向のタイプを測るチェックリストがあるので、皆さんであればいくつ当てはまるか数えてみてください。

  1. 集団より1対1の会話の方が好きだ
  2. LINEとか文章の方が自分を表現しやすい
  3. 一人でいる時間を楽しめる
  4. 他人の財産や名声に興味がない
  5. 世間話は苦手。自分の関心が持てる有意義な会話が好き
  6. 聞き上手だと言われる
  7. 大きなリスクを避ける
  8. 邪魔されずに没頭できる仕事が好きだ
  9. 誕生日はパーティよりも家族・親友など少数で過ごしたい
  10. 「落ち着いてるね」と言われる
  11. 作品は完成するまで見せたくない
  12. 他人と衝突するのが嫌い
  13. 一人でやる方が何事も早い
  14. 考えてから話す
  15. 楽しいことでも外出すると消耗する
  16. 電話に出れる時でも出ないことがある
  17. 忙しい週末よりも何もない週末が好きだ
  18. 一度に一つのことしかできない
  19. 集中するのは簡単だ
  20. 授業はディスカッション型よりも一方的に聞く講義型が好き

多いほど内向型の可能性あり、とのことですが、私の場合20個中17個当てはまっており、まごうことなき内向型人間なのだなと改めて思わされます。

f:id:paperchase:20181030194441j:plain

※注:「内向的」と「内気」は別モノです。定義はおおまかには下記のとおりですので「内向的だけど内気ではない」という方もいます。

外向型:外からの刺激でエネルギーをチャージする人
内向型:1人でいることでエネルギーをチャージする人


内向型であるゆえに損をしていることも多いと思います。外に出て刺激を得るよりも1人や少数でいることを好むので、それによって逃している出会い、縁、チャンス、仕事はたくさんあったと思います。

しかし、内向型であるゆえに得られたものも多いと思うのです。内側を向くこと、それは自分にとっては「仕事」や「思考」について掘り下げることでした。

「どうすれば仕事の質が上がるのか」「どうすればよいアイデアが出せるのか」といったことを考えたり研究することが好きで、そこに時間・エネルギーを費やしてきました。だから、そのあたりのコンテンツやアウトプットについては外向型の人にはそうそう負けないと思っています。

f:id:paperchase:20181030194026p:plain

そしてその結果が、たとえばこういう形として結実しているのだと思います。

f:id:paperchase:20170623220010j:plain

だから、内向型の人は、それを負い目に感じることなく、むしろ強みとして捉え、内側を向いたときに見えたものを掘り下げていけばよいと思います。

内向型人間の時代」によれば、内向型人間で成功している人も多いそうです。たとえばフェイスブック創業者のザッカーバーグAppleスティーブ・ウォズニアック、「ハリー・ポッター」のJ・K・ローリング、科学者のアインシュタインなどなど、幾人も挙げられます。

そして、内向型の人間は、外向型の人間とコラボすることでよりよい仕事ができると思っています。私もよく、アクティブな診断士が企画を推し進めて実現したセミナーや出版の仕事に乗っからせていただくことがあります(今回のセミナーもそうでした)。

それも、

・内向型診断士が掘り下げて生み出したコンテンツを
・外向型診断士がその積極性をもって多くの人に送り届ける

というWin-Winの構図になっていると思います。人と組んで仕事をしていくと考えた際には、この「外向・内向」の視点で考えてみると方向性が見えてくるかもしれません。


なお、同書の著者スーザン・ケイン氏は同じテーマでTEDでプレゼンをしており、TEDの中で最も人気の動画の1つとなっています。ぜひご参考ください。

www.ted.com

 

ロジカルシンキングの敗北

数日前、この記事が話題になっていました。

togetter.com

ブラック系コンビニオーナーと雇われ店長の攻防の話で、もうとにかく「これはひどい」としか言えない内容で、リンク先のマンガをぜひ読んでいただきたいのですが、記事タイトルにもなっているこの(ブラックオーナーの)発言を目にして、思うところがありました。

労働基準法なんて関係ないよ。だってその法律、経営者が損するばっかじゃん」

僕は研修やセミナーでロジカルシンキングを教えたり、少し本で書いたりもしていますが、この手の発言をする人には論理的な説明や説得が通用しないんですよね。たとえば

「いや、労働基準法を守らないと罰せられる可能性がありますよ」
「立ち入り調査や勧告によって業務が止まったりイメージダウンのリスクがあります」

などと言えば論理的(というか常識的ですが)な反論になります。しかし、そうしたところで

「そんなの知るか」とか、
「だから俺には関係ないんだってば」とか、
「そのときはそのときだ」とか、
「屁理屈言うな」

といった謎の返事が返ってくるだけでしょう。

f:id:paperchase:20180927212131p:plain

リンク先の記事の店長は、「労働基準法なんて」の発言を受けて呆気にとられてフリーズ(そして退職を決意)します。こういうナナメ上の主張をする相手には、マトモな説得は通じません。何を話しても徒労に終わります。

「この人には何を言っても無駄」
「この人には関わらないほうがいい」

よほど粘り強い人でない限りは、そう考えて説得や対話を諦めるでしょう。ナナメ上の人には論理や合理は通じない。僕はそれをロジカルシンキングの敗北」と呼んでいます。

ここ最近、ボクシングや体操の不祥事が社会問題になりました。またスルガ銀行など組織ぐるみの不祥事も起きています。推察するに、そういった組織のトップは高い確率で「通じない」タイプの人間だったのではないかと思っています。

最初は周囲が論理的合理的に提言・忠告する。しかし、ナナメ上のロジック(?)で潰される。だから心ある人ほど離れていきイエスマンだけが残る。そうして迷走・暴走する組織ができあがる。

ロジカルシンキングは大変有用なスキルです。実際、僕がいたコンサルティング会社や現職の金融機関では「根拠を持って話す」「事実と意見を区別する」「情報をモレなくダブりなく整理する」といったロジカルな姿勢を持っていなければ仕事は成り立ちません。

自分がいた組織では幸いにして多くの人がこれを習得していたので、大抵の場合、議論はスムーズにいきました。ロジカルシンキングはスキルではなくて言語である」と私は考えていますが、ロジカルシンキングという共通のプロトコルがあれば、たとえ対立や交渉の瞬間であっても建設的に話を進めることができます(まー、ロジカルシンキングができなくても「相手を尊重する気持ち」さえあればあまり変なことにはならないんですけどね)。

しかし時おり、「通じない」相手に出くわすこともあります。前述のような威圧的・暴君的なタイプのほか「ケムマキ君」(噛み合わない会話で煙に巻くタイプの人)も、とにかくエネルギーを使うのでやりとりを避けたくなるタイプです。

f:id:paperchase:20180927212654j:plain

ロジカルシンキングは、書籍やセミナーでも「戦略コンサルタントの最強の武器!」「ビジネスパーソンに不可欠な問題解決ツール!」みたいに煽るので、それさえ身につけば万能薬を手に入れたも同然みたいに捉える方も時たま見受けられます。

しかし、ある種の相手には別のアプローチが必要になるという意味で、ロジカルシンキングを学ぶ人に対して、それは万能ではないことを念押ししたほうがよいのではないかと私は思っています

別のアプローチというのは、たとえば「上の上から攻める」(例:課長に問題があるのならその上の部長に動いてもらう)こともあるでしょうし、「逃げの一手」もありえます。自分の精神衛生の維持や本来の能力の発揮のため、あるいは不祥事やトラブルに巻き込まれないためにも、「ロジカルが通じる環境に移る」のは妥当な手段、まさに「逃げるは恥だが役に立つ」です(同時に、かくして「憎まれっ子世にはばかる」が実現するわけですが)。

 ロジカルシンキングを教えるのは難しいので、教える側の私としてはたいていそれで力尽きてしまうことが多いのですが、それはあくまで車輪の一方でしかないんだよな、ということもちゃんと伝えておかねばと、このブラックオーナーのような話を聞くたびに改めて思うのです。

英会話スクールよりも効率的にスピーキング力を磨く「瞬間英作文」

1年ほど前、「TOKKUN ENGLISH」(今は改称して「PROGRIT」)という英語コーチングサービスを受けていました。簡単に言えば「英語版ライザップ」みたいなもので、週1回コーチの指導を受けながら日常生活の中で時間を見つけてガッツリ英語を学習するというものです。

www.progrit.co.jp

毎日3時間を2ヶ月間、というのはなかなか大変でしたが、そのおかげで英語学習が習慣化され、今でも毎日1~2時間の学習を続けています。自分の記録によれば、卒業後9ヶ月間での学習時間は600時間近くとなっています。

その中で得たものは多くありますが、今回は「スピーキング」の改善方法について述べたいと思います。

f:id:paperchase:20180913125449p:plain


入会の前に英語力の診断があります。自分はとにかくリスニングが苦手、だとは思っていましたが、スピーキングも相当ヤバい、ということがわかりました。

たとえば試験官に「では、自分の仕事について説明してください」と言われます。

しかし、"My job..is...umm..."みたいに、とにかく英語が口から出てきません。

SPM (Sentence per minute、1分あたりに口に出した文の数)という指標があるそうなのですが、自分は5~6だと言われました。ちなみにネイティブは(たしか)15 SPM、つまり4秒で1文といったスピードで話す、とのことです。

というわけで、学習計画にあたってはリスニング強化はもちろんのこと、スピーキング強化も入れることになりました。具体的には「瞬間英作文」というメソッドを紹介されました。

ベストセラーなのでご存知かもしれませんが、文字通り「日本語の文を見てすぐに英語で話す」という練習方法です。

たとえば

僕は今日の午後、彼に会う予定です。

なら、

I am going to meet him this afternoon.

と瞬時に置き換えていきます。

 

<使ったテキスト>

f:id:paperchase:20180913172105j:plain

入門書としてはこれ。

f:id:paperchase:20180913172402j:plain

https://www.amazon.co.jp/dp/4860641345

中学英語レベルですが、これをマスターするだけでも旅行会話くらいならいけるんじゃないでしょうか。


慣れてきたらこちら。

f:id:paperchase:20180913172418j:plain

https://www.amazon.co.jp/dp/4860641574/

文章が複雑になっていく分、力がつきます。後半は相当ハイレベルです。


さらにこちら。

f:id:paperchase:20180913172429j:plain

https://www.amazon.co.jp/dp/4863921098/

仕事で使えるフレーズが満載です。


これを最初のうちは1日1時間ずつ2ヶ月。その後は毎日30~15分で9ヶ月。


英語を話す練習をしたいなら英会話スクールに行く、という発想がまず浮かぶかもしれません。しかし、瞬間英作文は以下の点において英会話スクールよりも優れています。

  1. 安い:上記の本は約1500-2000円です。英会話を習うとスカイプ英会話でも月に4000-6000円するので、費用は段違いに抑えられます。私も上記の「英会話フレーズ ビジネス編」を10ヶ月近く、何十往復も、身体に染み込むほどに練習しています。
  2. どこでもできる:英会話はスクールや自宅など一定の場所で行う必要がありますが、瞬間英作文の練習は本まはたスマホがあればどこでもできます。私は通勤時にやっています。
  3. 学習時間をフルに自分のために使える:英会話レッスンは先生や他の受講者が話している時間もあるので、自分が話せる時間は減ります。たとえば60分のグループレッスンなら、自分が話している時間は実質10分とか15分になります。その点、瞬間英作文は60分そのすべてが自分のために使えます。


ただ、以下の点では英会話サービスに軍配が上がります。

  1. 実践力を磨ける:次々と変わる会話の流れに対処する、相手からの思いがけない質問に対してすぐに回答する、自分で質問を考えて言う、といった実践慣れのためには、やはり英会話レッスンが重宝します。
  2. 発音の矯正ができる:瞬間英作文は、当然、自分が一方的に話すものなので発音やアクセントがおかしくても直してくれる人はいません。その点ではプロの講師がいたほうがベターです。
  3. 楽しい:リアルな人との会話なので、楽しく学習できる点では対人のレッスンにはかないません。

よって、理想的なのは「瞬間英作文を毎日+ときどき英会話レッスン」のように組み合わせることです。実際、自分もスカイプ英会話(レアジョブ)を週2回やっています。

www.rarejob.com

ただし、瞬間英作文だけでも、スピーキングはそれなりに上達できるはずです。

「瞬間英作文と英会話レッスン」は、野球に例えれば「素振りと紅白戦」の関係みたいなものです。毎日の素振りで力を蓄えておくからこそ、紅白戦で活躍したり、本番で勝つための新たな課題を見つけたりできるわけです。予算や時間的に難しいようなら、英会話レッスンは最小限でよいと思います。


そして、この毎日の瞬間英作文が、非常に、非常に効果がありました。最初は英語になかなか変換できずに四苦八苦するわけですが、だんだんと「日本語を英語に置き換える脳内回路」ができあがってくるのです。教材に出てくる言い回しがスラスラ出てくるのはもちろんのこと、教材にない表現でも(変換回路ができあがっているので)瞬時に作って話せるようになっていきます。

1年前の自分は、会社の会議で英語で話すなんて絶対ありえない無理無理、通訳さんお願い! くらいのレベルでした。

しかし最近では、簡単な説明や質問なら英語で行っています。外資系なので米国本社スタッフとのコミュニケーションもスムーズになりますし、自分のことを覚えてもらえるようになります。まだ会議全体の1,2割程度ですが、海外のスタッフとリアルで英語でやりとりできるようになったのは本当に嬉しく、自分に起きた大きな成長を実感しています。

また、メールの返事を英語で書いたり、報告資料を英語で作るのも早くなりました。辞書を調べたり翻訳担当者に依頼して待つリードタイムがなくなり、結果として納期も短くなるので周囲に喜ばれます。これも、この1年、瞬間英作文を続けてきたおかげです。

英語で、言いたいことがすぐに口から出てこない、という方は、瞬間英作文メソッドをぜひお試しください。細く長い継続が必要になりますが、かといって↓みたいな美味い話は、絶対にありませんので…。

f:id:paperchase:20180913175344j:plain


次回以降は、リスニングの学習体験談を書きます。


宣伝。10/6 土曜日に「人狼研修」です。

paperchase.hatenablog.com

paperchase.hatenablog.com

たまには大胆にウソをつきたい診断士の方へ

タスクール主催で初となる理論政策更新研修(中小企業診断士に定期受講を義務付けられている、知識補充のための研修)が去る8月6日に都内で行われました。

f:id:paperchase:20180707161618j:plain

私は「コミュニケーションゲームを通じた従業員評価手法」をテーマに登壇させていただき、理論研修での講師も初めてとなりましたが、どうにか無事に終えることができました。というかこちらの狙いどおり、非常な熱狂をもって終わらせることができました(ラスト45分は超熱戦でしたね>受講者各位)。

研修の内容についてはタスクール理論研修のHP(またはこちらの過去記事参照)にて記載のとおり、「コミュニケーションのゲームを用いて社員のスキルを評価する手法を体験し学ぶ」というものです。

このゲーム(「人狼」と言えば分かる方もいると思います)はシンプルかつ奥が深く、ビジネスにも通じるスキルの発揮が求められるため、楽しみながら多くの気づきを得ることができます。

つまり、

  • 4時間飽きずに受講できる
  • 人材スキルの評価手法が学べる
  • 自分のスキルの強みや課題に気づける

といった点が本研修から得られるベネフィットです。

ただ、これを開発・実施する中で、さらに大きなベネフィットがあるなと気づきました。それは

  • 堂々をウソをつける

というものです。

このゲームでは人狼役になった人は、ウソをつき通さなければなりません。大きくは人狼チームと市民チーム(要はモンスター VS 人間)に分かれるのですが、人狼役は徹底して市民のフリをしなければなりません。

f:id:paperchase:20180824211953j:plain

ウソをつかなければならない、というか、ウソが上手いほど勝てるゲーム、ウソが匠みなほど周囲からリスペクトされるゲームです。また、市民チームでも一部の方(「預言者」「ボディーガード」という特殊な役職の方)は、しばらく自分の正体を隠しておく(そしてここぞというタイミングで明かす)必要があります。その点でも一般人のフリをするスキルが求められます。


なぜこのゲームが世界中で愛され、そしてこの理論研修でも盛り上がるのか。それは前述のとおり「シンプルさ」「奥の深さ」が挙げられますが、加えて「堂々をウソをつけることの快楽」にあるのかもしれません。

私達、特に中小企業診断士のような高潔さ、清廉潔白さが求められる職業では「ウソ」をつくことは決して許されません。特にインターネットやSNS全盛の昨今、不正や隠し事の多くは容易に暴かれ、多くの人に伝播し、そうして当人や診断士そのものに対する信頼が失われます。だから私達は、正直に、真摯に、誠実に、目の前の仕事に取り組んでいく必要があります。

しかし一方で、いい人であり続けるのもラクなことではありません。時にはハメを外したくなります。自分じゃない自分を演じてみたくなることもあります。ウソをついてバレるかバレないかのスリルを味わいたい、そう思うこともあります。

まあ、診断士も万単位で存在していますので、プライベートでウソをつきまくっているゲスな人も中にはいるかもしれませんが…そうでない大多数の方にとっては、この研修はある種のリフレッシュの場になると、私は考えています。

後ろめたさを抱えることなくウソをつきまくりたい方にはぜひオススメの研修です。しかも、仮にウソがばれたとしても、ゲームで負けるだけです。何も失うものはないのです。ジェットコースターと同じで「スリルがあるけど安全」な空間です。

f:id:paperchase:20180824211339j:plain


次回は10月6日(土曜)午後、神田近辺での開催です。すでに数名の参加希望をいただいていますが、(8月25日現在)まだ席はあります。「診断士版ライアーゲーム」へのご参加を、ぜひお待ちしています。東京以外での開催も検討中です。

顧客からの苦情に対して「お礼」を言うことの危険性

以前働いていた会社でのこと。同じプロジェクトに配属された若手から資料のレビュー(確認)を依頼されました。 

確認してみると、(丁寧にやっていれば避けられたはずの)不整合や誤りが複数あり、ちょっと目に余るほどだったので厳しく注意しました。

そうしたところ、彼は「ご指摘ありがとうございます」と返信してきました。

それに私はなぜかイラッとしました。

そして、そんなことが3回ほど続いた後、私はついに「いや、そこは『ありがとうございます』じゃないでしょ?」と強く叱ってしまいました。

f:id:paperchase:20180724180056j:plain


なぜ私はイラッとしたのでしょうか。

これは想像ですが「謝るべきときに謝っていない」からではないかと思います。人が謝ってほしいと思っているとき、そこでは「ありがとうございます」の感謝の言葉は代替として機能しないようです。(書いていて気づきましたが)「感謝」という言葉には「謝る」という字が含まれています。しかし、「感謝」をしても謝ったことにはなりません。

特に、彼はプライドが高かったのか、(最近よく見かける)「謝ったら死ぬ病」にかかっていた気があり、お詫びの言葉を言いたくないから、逃げ道として「ありがとうございます」を使っていたのが透けて見えたような気もします。だからこそ余計にイラッとしたのかも知れません。

また、「ありがとうございます」は、プレゼントを贈るとか仕事を手伝うなど「相手のプラスになることをしてあげた」場合に使われる言葉です。双方の良好な関係を前提として使われる言葉です。不満があって怒っているのに「ありがとうございます」と言われたら、普通の人であれば「別にプラスになることをしてやったわけじゃない!」と、神経を逆なでされた心情になるのかも知れません。

 

 f:id:paperchase:20180724180109j:plain

そういえば昔、ある店で接客の大きな不手際があって迷惑を被ったので会計の際に伝えたことがあります。その際にも「ご指摘ありがとうございます」と言われ、何か違うよな、と思ったことがあります。「貴重な意見をいただきありがとうございます」というのもありました。いやいやお詫びが先でしょ?と思いますし、言うまでもなく、この店へのリピートはもう無いなと思います。

このようなお店、けっこう見かけます。「ありがとう」というプラスの言葉を使っているからいいじゃないか、と思い込んでしまっているのかもしれません。

「感謝の気持ち」は商売をする上でとても大切です。しかし、やはりお詫びのタイミングで使うのは逆効果なんじゃないかなと思うのです。

 

宣伝。8月7日に研修やります。

paperchase.hatenablog.com

「4時間があっという間」の理論研修、平日夜にやります。

ウェブサイトもこの度オープンしましたが、名古屋を中心に活躍されているタスクールが、このたび理論政策更新研修※を開始することになり、私も東京地区を中心として講師を務めさせていただくことになりました。

中小企業診断士の資格維持のために定期的な受講を義務付けられている研修(→ただし、我々の提供する研修は診断士以外の方の受講も歓迎です。あらゆるビジネスパーソンにとってプラスになる内容を提供します!)

f:id:paperchase:20180707161618j:plain

 

今回の立ち上げに向けて、研修をどのように提供すべきかを、タスクール代表の渡邉さんと議論を重ねてきました。いくつかのアイディアが出ましたが、基本的には「受講者ファーストな理論研修」を目指したものとなっています。

以下、理論研修について仲間の診断士からよく聞かれたニーズと、それに応える形で我々の提供する研修の特色を紹介します。


■よくある声①「サラリーマンなので平日の昼間は受講できない!」

特に診断協会の提供する研修は、平日昼間に開催されるものが多いようです(最近の東京開催のスケジュールを見ましたが約半分が平日でした)。独立診断士であればよいのですが、企業内診断士であれば会社を休まない限り受講できません。一方で、土日の開催は申し込みが殺到して受講できなかったり、そもそも土日はプライベートや家族のために有効に使いたい、といった声もあります。

特色①:そこで我々は思い切って「平日夜」というスケジュールを用意してみました。休憩含め4時間15分の時間を確保しなければならないということで開始時刻は非常に迷いましたが、「18:45に開始して23:00に終了」とすれば、近郊(8月7日の初回は神田で開催)で働く方であればなんとか受講できるのでは、と考えました。

仕事後にさらに研修受講か…とちょっと大変に思うかもしれませんが、飲み会に参加したつもりで時間と費用を提供いただければ、かならずそれに見合う有益なコンテンツ(そして受講ポイント)をもってお応えしたいと思います。

平日に受講してしまえば、土日をプライベートのために確保できるようになります。ぜひ参加をご検討ください。(もちろん、タスクールでは平日昼間や土日の開催も別途予定しています)


■よくある声②「平日だと急な残業で受講できないかも…」

診断士の方は大きな仕事を任されていたり、重要な役職についている方も多いので、急な残業で18:45に間に合わない、という可能性もあるかも知れません。

特色②:遅刻は15分までであれば対応可能です(終了後に15分の補講を受講すれば修了扱い)。諦めずにぜひお越しください。

また、どうしても当日参加できなくなった、という場合には、研修開始時刻までにご連絡ください。①手数料をいただいての返金 または、②手数料無しで他日程への振り替えが可能です。

(ちなみに東京の診断協会の研修は原則キャンセル不可。やむをえない場合は2営業日前までに連絡が必要。神奈川は当日1週間前からのキャンセル不可となっています)


■よくある声③「理論研修は4時間もあって長い…」

最近は民間機関による理論研修も増え、バラエティに富み、内容も魅力的なものが増えてきました。しかし、やはり4時間は長い、という声も多数聞かれます。

特色③:そこで私は「4時間があっという間!」な研修コンテンツを用意してみました。8月および10月に神田で予定されている研修は「コミュニケーションゲーム」がテーマです(「人狼」と言えばご存知の方もいらっしゃるかもしれません)。

シンプルかつ奥が深いルールとなっており、中小企業における人材評価・育成の新しい手法や事例を、楽しみながら学ぶことができます(というか非常に白熱します)。きっと、当日の終了時刻には「時間があればもう1ゲームやりたい!」と思われるはずです。

f:id:paperchase:20180707165005j:plain

また、タスクールでは他にもカレーのプロによる「カレーで学ぶ商品開発」など、ユニークなコンテンツをぐいぐい提供していきます。

f:id:paperchase:20180707161635j:plain

 

■よくある声④「近くで開催されない…」

東京や神奈川などの理論研修は日程も多く、まだ受講しやすいのですが、それ以外の地域ではそもそも開催が少ないため、すぐに満席になってしまったり、大切な私用と重なってどうしても受講できない、という悩みをよく聞きます。

特色④:タスクールではそのような地域にどんどん飛んでいきたいと考えています。私がいる東京や、タスクールがある名古屋のほか、ここ数ヶ月以内に関西や北海道、沖縄での開催も予定されています。もちろんそれ以外の開催も検討しています。

「ウチの近くでやってほしい!」というご要望がありましたらぜひご一報ください。

 

また、今後も受講者の声に耳を傾けながら運営のアイディアを出していきたいと考えています。ぜひ、お申込みをお待ちしています!